証券会社

SMBC日興証券のIPO当選攻略や抽選ルール

SMBC日興証券
SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの100%子会社です。
過去のIPOの案件をみると、銀行系の案件が多い印象があります。
当選後にキャンセルするとペナルティが課せられるので、申し込みをする前にキチンと銘柄のことを調べましょう。

SMBC日興証券のIPOで当選するポイント

SMBC日興証券は、三井住友FGの中核証券会社です。
三井住友銀行と関係の深いIPO案件を担当することが多いですね。
IPO株の当選後にキャンセルするとペナルティが課されるので、申し込む際には細心の注意をはらいましょう。

SMBC日興証券では、当選結果が「当選」と「補欠」の2つのみです。
そのため、他社の「補欠当選」とはちょっと意味合いが違います。
基本的に「補欠」は落選という意味ですが、主幹事案件では繰上げ当選することもあるのでキチンとみておきましょう。

SMBC日興証券は、毎年十数件の主幹事案件を獲得している
ネット顧客には10%のIPO株配分
当選後のキャンセルにペナルティがある
ネット顧客には、複数単元の当選はない
NISAからIPO(新規上場)に申し込むことができる
未成年口座からIPOを申し込むには店舗からするしかない
当選結果が「当選」と「補欠」の2つだけ

SMBC日興証券のIPO抽選ルール


SMBC日興証券には、2つの取引コースが用意されています。

総合コース…営業店舗で取引する対面取引
ダイレクトコース…オンラインで取引

SMBC日興証券のIPOは、以下の通りの配分比率となっています。
IPO株の90%を”対面で取引している顧客”に配分するルールです。
そのため、ネット顧客は”残りの10%”を取り合わないといけません。

総合コース…配分の90%
ダイレクトコース…配分の10%

総合コースによる抽選方式

総合コースによる抽選方式は、配分されるIPO株の90%を占めています。
営業店による裁量配分になっています。
裁量配分でIPO株をもらうには、支店長や担当者に気に入られる必要があります。
普段から営業店で取引しないと、なかなか配分してもらえないかもしれません。

ダイレクトコースによる抽選方式

ダイレクトコースによる抽選株は、配分されるIPO株の10%を占めています。
無作為のシステム抽選となっているので、完全な抽選となっています。
ネット顧客のできることは少ないので、IPOに申込んだら後は祈るだけです。

入金タイミング

SMBC日興証券では、需要申告(ブックビルディング)時に買付資金が必要です
そのため、口座に入金しておかないとIPOに申し込むことができません。
SMBC日興証券のIPOルールは、色々と厳しめですね。

資金拘束

SMBC日興証券では、需要申告(ブックビルディング)時に買付資金が必要です。
需要申告時から資金が拘束されるので、注意してください。
申告した買付資金は、「当選」か「落選」か判明するまで、口座から差し引かれることになります。
(需要申告⇒抽選⇒購入申込)

資金拘束とは、IPOに申し込んだ分のお金が差し引かれるということです。
例えば、A社(50万円)とB社(30万円)の2つのIPOに申し込む場合、合計80万円のお金が必要になります。

IPO申し込み辞退のペナルティ

SMBC日興証券では、IPO株の当選後にキャンセルすると、2つのペナルティが課されます。
そのため、IPOに申し込む際は慎重に判断するようにしてください。
軽い気持ちでキャンセルすると、痛い目にあいますよ。

① 1カ月間、新しく需要申告できない
② すでに他の銘柄で需要申告している場合、すべて無効

複数株の当選

SMBC日興証券では、複数株の当選は以下の通りです。

総合コース…複数株の配分”アリ
ダイレクトコース…複数株の配分”ナシ

SMBC日興証券では、”ダイレクトコースの顧客”に対して複数株の当選はありません。
複数株の配分がある人は、店舗で取引している顧客だけです。
そのため、ネットで取引している人は”100株申し込めば、それでOK”です。
※申し込んだすべての人に100株行き渡れば、200株当選する可能性はあります。

SMBC日興証券の注意事項

ペナルティに気を付けて!

SMBC日興証券は、IPO株に当選した後キャンセルすると、ペナルティが課されます。
IPO株のキャンセルは、記録として残るので店舗で取引している人はよく考えてからおこなうようにしてください。

IPO株の当選後のキャンセルに対するペナルティは、以下の2つです。
SMBC日興証券は、かなりルールに厳しいですね。

1カ月間、新しく需要申告できない
すでに他の銘柄で需要申告している場合、すべて無効

NISA

SMBC日興証券では、NISA口座からIPOの申し込みができます。

未成年口座

SMBC日興証券では、コースによって未成年口座の利用ができません。

総合コース店舗で未成年口座からIPOを申し込むことができる
ダイレクトコースネットで未成年口座からIPOを申し込むことができない

ジュニアNISA

SMBC日興証券では、コースによってジュニアNISAの利用ができません。

総合コース店舗でジュニアNISA口座からIPOを申し込むことができる
ダイレクトコースネットでジュニアNISA口座からIPOを申し込むことができない

SMBC日興証券の2017年のIPO主幹事実績

SMBC日興証券は、銀行系の証券会社として主幹事案件も多いです。
2017年は11社の主幹事を引き受けました。

企業名
(上場日)
初値で売却した損益
歯愛メディカル
(2017/12/18)
+73,000円
グローバル・リンク・マネジメント
(2017/12/13)
+351,000円
一家ダイニングプロジェクト
(2017/12/12)
+425,000円
幸和製作所
(2017/11/28)
+446,000円
Casa
(2017/10/31)
+6,100円
MS & Consulting
(2017/10/05)
-3,000円
マネーフォワード
(2017/09/29)
+145,000円
PKSHA Technology
(2017/09/22)
+308,000円
テモナ
(2017/04/06)
+550,000円
ビーグリー
(2017/03/17)
+100円
ユナイテッド&コレクティブ
(2017/02/23)
+288,000円

SMBC日興証券の2017年のIPO幹事実績

SMBC日興証券は、数多くの幹事案件をつとめています。
2017年は60社の幹事案件をつとめました。

企業名
(上場日)
初値で売却した損益
オプティマスグループ
(2017/12/26)
+20,100円
要興業
(2017/12/25)
+20,000円
ABホテル
(2017/12/25)
+156,000円
ミダック
(2017/12/22)
+70,000円
プレミアグループ
(2017/12/21)
-10,000円
森六HD
(2017/12/20)
+27,500円
すららネット
(2017/12/18)
+230,500円
ナレッジスイート
(2017/12/18)
+301,000円
ジーニー
(2017/12/18)
+132,400円
イオレ
(2017/12/15)
+321,000円
HANATOUR JAPAN
(2017/12/15)
+20,000円
エル・ティー・エス
(2017/12/14)
+213,000円
アルヒ
(2017/12/14)
-3,000円
マツオカコーポレーション
(2017/12/13)
+120,000円
SG HD
(2017/12/13)
+28,000円
カチタス
(2017/12/12)
+2,500円
クックビズ
(2017/11/28)
+303,000円
ポエック
(2017/11/28)
+253,000円
シルバーライフ
(2017/10/25)
+213,000円
大阪油化工業
(2017/10/05)
+124,000円
西本Wismettac HD
(2017/09/29)
-28,500円
ロードスターキャピタル
(2017/09/28)
+68,100円
壽屋
(2017/09/26)
+65,000円
ニーズウェル
(2017/09/20)
+218,000円
UUUM
(2017/08/30)
+465,000円
シェアリングテクノロジー
(2017/08/03)
+139,000円
ジェイ・エス・ビー
(2017/07/20)
+108,000円
クロスフォー
(2017/07/20)
+32,100円
ユニフォームネクスト
(2017/07/19)
+384,000円
ソウルドアウト
(2017/07/12)
+91,300円
Game With
(2017/06/30)
+257,000円
SYS HD
(2017/06/30)
+297,000円
ツナグ・ソリューションズ
(2017/06/30)
+238,500円
Fringe81
(2017/06/27)
+346,000円
エコモット
(2017/06/21 )
+146,500円
ビーブレイクシステムズ
(2017/06/15)
+603,000円
旅工房
(2017/04/18)
+238,000円
LIXIL ビバ
(2017/04/12)
-10,300円
ウェーブロックHD
(2017/04/10)
-2,900円
ネットマーケティング
(2017/03/31)
+41,200円
ユーザーローカル
(2017/03/30)
+956,000円
スシローグローバルHD
(2017/03/30)
-17,000円
No.1
(2017/03/28)
+189,000円
ズーム
(2017/03/28)
+75,800円
ティーケーピー
(2017/03/27)
+450,000円
ソレイジア・ファーマ
(2017/03/24)
+4,900円
グリーンズ
(2017/03/23)
+10,000円
フルテック
(2017/03/22)
+63,000円
マクロミル
(2017/03/22)
-8,300円
力の源HD
(2017/03/21)
+163,000円
インターネットインフィニティー
(2017/03/21)
+372,000円
ジャパンエレベーターサービス
(2017/03/17)
+34,000円
ほぼ日
(2017/03/16)
+301,000円
うるる
(2017/03/16)
+33,000円
ファイズ
(2017/03/15)
+276,000円
ピーバンドットコム
(2017/03/09)
+188,000円
ロコンド
(2017/03/07)
+77,500円
レノバ
(2017/02/23)
+37,500円
日宣
(2017/02/16)
+140,000円
安江工務店
(2017/02/10)
+5,000円

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

SMBC日興証券は、三井住友銀行関連のIPO案件がある
大型から小型の案件をまんべんなく獲得
キャンセルするとペナルティがある
入金のタイミングや資金拘束のルールが厳しい

SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの100%子会社です。
IPOの案件をみると、銀行系の案件が多いので、おさえておきたい証券会社のひとつです。
当選後にキャンセルするとペナルティが課せられるので、注意してください。

IPOでおすすめの証券会社

IPOでおすすめの証券会社を一覧にしました。

IPO おすすめ 証券会社
IPOでおすすめの証券会社の一覧IPOでおすすめの証券会社の一覧をまとめました。IPO(新規上場)株に当選するためには、多くの証券会社から申し込む努力が必要です。IPO株に当選する最も効果的な方法は、とにかくIPO案件に申し込むことです。...

関連資料

SMBC日興証券:『公式HP』
SMBC日興証券:『決算説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています