証券会社

SBI証券のIPO当選攻略や抽選ルール

SBI証券 IPO 当選
SBI証券は、国内最大手のネット証券です。
IPO(新規上場)の取扱い件数の多い証券会社としても有名です。
独自の”チャレンジポイント”を貯めたら、いつかIPOには当選するので積極的に活用したい証券会社です。

SBI証券のIPOで当選するポイント

SBI証券は、国内最大手のネット証券です。
取扱っているIPO案件は小規模の案件が多いため、初値のパフォーマンスがすごく良いです。
ただ、独自のルールの多い証券会社なので、キチンとルールを把握しましょう。
把握したルールを最大限活用してチャンスを広げてください。

SBI証券は、毎年ネット証券で最多の主幹事をつとめる
幹事実績は圧倒的で、国内最多の幹事件数をつとめる
小型のIPO案件が多いので、初値パフォーマンスが良い
外れてもチャレンジポイントが貯まるので、いつかは当選する
”1単元の申し込みにつき1枚の抽選券がもらえる”方式のため、お金持ちに有利
補欠当選になったときは注意

SBI証券のIPO抽選ルール


SBI証券のIPOは、以下の通りの配分比率となっています。

システムによる抽選方式…配分比率の70%
チャレンジポイントによる抽選方式…配分比率の30%
※チャレンジポイントによる配分は、システム抽選に外れた人を対象としている

システムによる抽選方式

SBI証券では、IPO株の配分の70%に”システムによる抽選方式”が採用されています。
システムによる抽選方式とは、システムで無作為におこなわれる抽選です。
ただし、SBI証券の抽選は他の証券会社とは大きく異なる抽選方式になっています。

SBI証券の抽選では、1単元の申し込みにつき1枚の抽選券がもらえます。
簡単に説明すると、”100株の申し込みにつき、1枚の抽選券が引ける”ということです。
そのため、多くの株数を申し込んだ方が当選には有利になります。
1,000株(10単元)申し込めば、10枚の抽選券が引くことができます。
10,000株(100単元)申し込めば、100枚の抽選券が引くことができます。

そのため、100株(1単元)申し込んだ人と10,000株(100単元)申し込んだ人では、当選確率が100倍ちがいます。
とにかく資金量の大きさが当選確率に直結するルールとなっています。

チャレンジポイントによる抽選方式

SBI証券では、IPO株の配分の30%に”チャレンジポイントによる抽選方式”が採用されています。
チャレンジポイントによる抽選方式とは、申告したチャレンジポイントが多い順番にIPO株を配分するルールです。

下の図の通り、IPOに落選するたびに1ポイントがもらえます。
IPOに落選しても、コツコツチャレンジポイントを貯めていればいつかは当選することになります。
ちなみに”抽選の対象外”や”補欠当選”ではチャレンジポイントがもらえないので、注意してください。
SBI証券 チャレンジポイント
人気の高いIPOでは、150以上チャレンジポイントが必要になります。
そのため、とにかく毎回IPOに申込んでチャレンジポイントを貯めることが大切です。

チャレンジポイントを利用して株が配分されなかった場合、チャレンジポイントはキチンと戻ってきます。

入金タイミング

SBI証券では、抽選時に買付資金が必要です。
抽選時点で1単元分のお金もないと、”抽選外”となってしまい、チャレンジポイントももらえません。
(需要申告⇒抽選⇒購入申込)

資金拘束

SBI証券では、抽選後の”当選”もしくは”補欠当選”で資金拘束されます。
(需要申告⇒抽選⇒購入申込)

IPO申し込み辞退のペナルティ

SBI証券では、IPOに当選してからキャンセルしてもOKです。
ペナルティもないので、今後の当選に影響しません。

複数株の当選

SBI証券では、複数株の当選が可能です。
SBI証券では、1単元(100株)の申込につき抽選券が1枚配られる方式です。
※1人につき抽選券が1つではありません。
100株(1単元)申し込んだ人と10,000株(100単元)申し込んだ人では、当選確率が100倍ちがいます。
複数株の当選を認めているSBI証券は、かなり珍しい証券会社です。

SBI証券のIPO攻略方法

お金はSBI証券に置こう

SBI証券の”システムによる抽選方式”では、1単元の申し込みにつき1枚の抽選券がもらえます。
簡単に説明すると、”100株の申し込みにつき、1枚の抽選券が引ける”ということです。
そのため、できる限り多くの株数を申し込んだ方が、当選には有利になります。

当たり前ですが、口座に置いてある資金分しか抽選対象にはなりません。
例えば、10,000株申し込んでも口座に100株分のお金しかなかったら、100株しか抽選対象にはなりません。
証券口座にある資金分が、抽選対象の上限となります。

できる限り多くの株数を申し込むには、できる限り多くのお金を証券口座に置いておく必要があります。
私は、普段使わないお金はすべてSBI証券に置いています。
とにかく多くの株数を申し込んで当選確率を上げましょう。

チャレンジポイントをコツコツ貯めよう

SBI証券では、IPO株の30%分は”チャレンジポイントによる抽選方式”です。
そのため、資金量の弱い投資家はチャレンジポイントを貯めて当選を目指しましょう。

SBI証券では、IPOをキャンセルしてもペナルティがありません。
例えば、”投資するか迷っている”IPOに申し込んだとします。
もし配分がなければ、チャレンジポイントがもらえます。
もし配分があってキャンセルしても、ペナルティがないのでこちらにはマイナスがありません。

SBI証券のIPO案件は”とりあえず多くの株数を申し込んでおく”ことが鉄則です。

SBI証券の注意事項

チャレンジポイント消失!

SBI証券でチャレンジポイントを使用して、補欠当選となった場合は注意が必要です。
もし”チャレンジポイントを使用して補欠当選になったのに、購入申込をおこなわなかった場合”使用したチャレンジポイントは消失してしまいます

もしチャレンジポイントを使用して補欠当選になった場合、細心の注意を払って行動してください。
最悪の場合、IPO株はもらえず、ただ単にポイントだけ消費してしまうことになります。

どれだけ多く申し込めるかが大事

SBI証券では、IPO株の70%を”システムによる抽選方式”、30%を”チャレンジポイントによる抽選方式”となっています。
私は、小口の投資家は”チャレンジポイント”による抽選に賭けた方が良いと考えています。

SBI証券の”システムによる抽選方式”では、1単元の申し込みにつき1枚の抽選券がもらえます。
そのため、100万円分申し込んだ人と10億円分申し込んだ人では1,000倍当選確率が違います。
できる限り自分の資産の最大の規模で申し込むべきだと思いますが、資金量の少ない人はチャレンジポイントの抽選で頑張った方が良いかもしれません。

NISA

SBI証券では、NISA口座からIPOの申し込みができます。

未成年口座

SBI証券は、未成年口座からIPOの申し込みができます。

ジュニアNISA

SBI証券は、ジュニアNISA口座からIPOの申し込みができます。

SBI証券の2017年のIPO主幹事実績

SIB証券は、毎年ネット証券では最多の主幹事案件をつとめています。

企業名 初値で売却した損益
みらいワークス
(2017/12/19)
+424,000円
イオレ
(2017/12/15)
+321,000円
ディーエムソリューションズ
(2017/06/20)
+460,000円
ビーブレイクシステムズ
(2017/06/15)
+603,000円
アセンテック
(2017/04/25)
+395,000円
ネットマーケティング
(2017/03/31)
+41,200円
No.1
(2017/03/28)
+189,000円
ピーバンドットコム
(2017/03/09)
+188,000円

SBI証券の2017年のIPO幹事実績

SBI証券の幹事実績は、国内最多です。

企業名 初値で売却した損益
オプティマスグループ
(2017/12/26)
+20,100円
要興業
(2017/12/25)
+20,000円
ABホテル
(2017/12/25)
+156,000円
ミダック
(2017/12/22)
+70,000円
プレミアグループ
(2017/12/21)
-10,000円
森六HD
(2017/12/20)
+27,500円
オプトラン
(2017/12/20)
+97,600円
歯愛メディカル
(2017/12/18)
+73,000円
すららネット
(2017/12/18)
+230,500円
ナレッジスイート
(2017/12/18)
+301,000円
ジーニー
(2017/12/18)
+132,400円
HANATOUR JAPAN
(2017/12/15)
+20,000円
エル・ティー・エス
(2017/12/14)
+213,000円
アルヒ
(2017/12/14)
-3,000円
マツオカコーポレーション
(2017/12/13)
+120,000円
ヴィスコ・テクノロジーズ
(2017/12/13)
+1,008,000円
グローバル・リンク・マネジメント
(2017/12/13)
+351,000円
カチタス
(2017/12/12)
+2,500円
一家ダイニングプロジェクト
(2017/12/12)
+425,000円
トレードワークス
(2017/11/29)
+1,140,000円
クックビズ
(2017/11/28)
+303,000円
幸和製作所
(2017/11/28)
+446,000円
ポエック
(2017/11/28)
+253,000円
Casa
(2017/10/31)
+6,100円
SKIYAKI
(2017/10/26)
+500,000円
テンポイノベーション
(2017/10/25)
+290,000円
シルバーライフ
(2017/10/25)
+213,000円
大阪油化工業
(2017/10/05)
+124,000円
ウェルビー
(2017/10/05)
+72,500円
MS & Consulting
(2017/10/05)
-3,000円
テックポイント・インク
(2017/09/29)
+42,200円
マネーフォワード
(2017/09/29)
+145,000円
西本Wismettac HD
(2017/09/29)
-28,500円
ロードスターキャピタル
(2017/09/28)
+68,100円
壽屋
(2017/09/26)
+65,000円
PKSHA Technology
(2017/09/22)
+308,000円
ニーズウェル
(2017/09/20)
+218,000円
ウォンテッドリー
(2017/09/14)
+401,000円
エスユーエス
(2017/09/13)
+267,000円
UUUM
(2017/08/30)
+465,000円
トランザス
(2017/08/09)
+221,000円
シェアリングテクノロジー
(2017/08/03)
+139,000円
ジェイ・エス・ビー
(2017/07/20)
+108,000円
クロスフォー
(2017/07/20)
+32,100円
ユニフォームネクスト
(2017/07/19)
+384,000円
ソウルドアウト
(2017/07/12)
+91,300円
Game With
(2017/06/30)
+257,000円
SYS HD
(2017/06/30)
+297,000円
ツナグ・ソリューションズ
(2017/06/30)
+238,500円
エコモット
(2017/06/21)
+146,500円
旅工房
(2017/04/18)
+238,000円
LIXIL ビバ
(2017/04/12)
-10,300円
ウェーブロックHD
(2017/04/10)
-2,900円
テモナ
(2017/04/06)
+550,000円
ユーザーローカル
(2017/03/30)
+956,000円
スシローグローバルHD
(2017/03/30)
-17,000円
ズーム
(2017/03/28)
+75,800円
ティーケーピー
(2017/03/27)
+450,000円
ソレイジア・ファーマ
(2017/03/24)
+4,900円
オロ
(2017/03/24)
+268,000円
グリーンズ
(2017/03/23)
+10,000円
フルテック
(2017/03/22)
+63,000円
マクロミル
(2017/03/22)
-8,300円
インターネットインフィニティー
(2017/03/21)
+372,000円
ジャパンエレベーターサービス
(2017/03/17)
+34,000円
ビーグリー
(2017/03/17)
+100円
ほぼ日
(2017/03/16)
+301,000円
ファイズ
(2017/03/15)
+276,000円
ロコンド
(2017/03/07)
+77,500円
ユナイテッド&コレクティブ
(2017/02/23)
+288,000円
フュージョン
(2017/02/23)
+173,200円
レノバ
(2017/02/23)
+37,500円
日宣
(2017/02/16)
+140,000円
安江工務店
(2017/02/10)
+5,000円
シャノン
(2017/01/27)
+481,000円

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

・SBI証券は、ネット証券で最多の主幹事実績がある
・小型の上場案件が多いので、初値パフォーマンスが良い
・外れてもチャレンジポイントが貯まるので、いつかは当選するチャンス
・とにかくお金持ちに有利なルール
・チャレンジポイントを使って補欠当選した場合は、慎重に

SBI証券は、国内最大手のネット証券です。
取扱う案件のパフォーマンスが良いので、ぜひ上手く活用したい証券会社ですね。
注意しないといけないのは、チャレンジポイントを使って”補欠当選”した場合です。
最悪の場合、チャレンジポイントだけ消費して、IPO株も手に入らない事態になる可能性があります。

IPOでおすすめの証券会社

IPOでおすすめの証券会社を一覧にしました。

IPO おすすめ 証券会社
IPOでおすすめの証券会社の一覧IPOでおすすめの証券会社の一覧をまとめました。IPO(新規上場)株に当選するためには、多くの証券会社から申し込む努力が必要です。IPO株に当選する最も効果的な方法は、とにかくIPO案件に申し込むことです。...

関連資料

SBI証券:『公式HP』
SBI証券:『決算説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています