証券会社

楽天証券のIPO当選攻略や抽選ルール

楽天証券 IPO 当選
楽天証券は、楽天グループの中核証券会社です。
楽天グループの証券会社らしく、取引によって楽天ポイントが貯まります。
もともとIPO株の配分は”カテゴリー制度”でしたが、現在では”完全平等抽選”に移行しています。
案件数は多くありませんが、毎年安定して幹事をつとめているのでキチンとIPOに申し込むようにしましょう。

楽天証券のIPOで当選するポイント

楽天証券は、楽天グループ傘下のネット証券です。
あまり”IPO”で注目されることの少ない証券会社なので、穴場の申し込み先の証券会社ですね。

楽天証券は、毎年数件のIPO幹事を獲得している
100%抽選配分となっている
複数単元の当選はほぼなし
NISAからIPO(新規上場)に申し込むことができる
未成年口座からIPOに申し込むことができる
主幹事は、ここ数年間つとめていない

楽天証券のIPO抽選ルール


楽天証券のIPO(新規上場)株配分は、100%の抽選配分です。
過去は取引実績に応じたカテゴリー制度でしたが、現在は100%の平等抽選となっています。

楽天証券は、口座名義人に番号が割り振られての抽選となります。
1口座1票の抽選券が配られるイメージですね。
そのため、個人の資金量に関係なく、すべての投資家にとって公平な抽選方式となっています。

ただし、楽天証券は2回申込みをおこなう必要があります。
他の証券会社と比較すると、手続きが面倒ですね。
2回目の申し込みを忘れる投資家が多いので、キチンと忘れないようにしましょう。

入金タイミング

楽天証券では、需要申告(ブックビルディング)時と購入申込時に資金が必要です。
需要申告して購入申込するまでに出金しても問題はありません。
あくまでも需要申告時と購入申込時に購入する分の資金が必要になります。
(需要申告購入申込⇒抽選)

資金拘束

楽天証券では、IPO購入申込時に資金が拘束されます。
(需要申告⇒購入申込⇒抽選)

IPO申し込み辞退のペナルティ

楽天証券では、抽選の前に購入申込の手続きが必要になります。
そのため、当選した後のキャンセルはすることができません。
キャンセルできないので、もちろんペナルティもありません。

複数株の当選

楽天証券では、複数単元の当選はほぼありません。
申込株数の上限が100株に設定されていることが多いです。
※申し込んだすべての人に100株行き渡れば、200株当選する可能性はあります。

楽天証券のIPO攻略方法

穴場の証券会社

楽天証券は、委託幹事に指名されることがあります。
委託幹事とは、IPOの販売を委託された証券会社のことです。
目論見書に引受証券会社として記載されないので、見落とされることが多いです。
楽天証券はIPOに力を入れているイメージもないので、格好の穴場の申し込み先ですね。

楽天証券の注意事項

お金持ちでも有利にならない

楽天証券では、口座名義人に番号が割り振られての抽選となります。
1口座1票の抽選券が配られるイメージですね。
そのため、当選のポイントは”どれだけ数多く申し込むことができるか”です。
家族がいる人は、できる限り家族全員で申し込んだ方が良いと思います。
楽天証券では、お金持ちが有利になりません。

NISA

楽天証券では、NISA口座からIPOの申し込みができません。

未成年口座

楽天証券は、未成年口座からIPOの申し込みができます。

ジュニアNISA

楽天証券は、ジュニアNISA口座からIPOの申し込みができません。

楽天証券の2017年のIPO主幹事実績

楽天証券が2017年につとめた主幹事はありません。

楽天証券の2017年のIPO幹事実績

楽天証券は、幹事実績が少ないです。

企業名 初値で売却した損益
トランザス
(2017/08/09)
+221,000円
SYS HD
(2017/06/30)
+297,000円
ティーケーピー
(2017/03/27)
+450,000円
ソレイジア・ファーマ
(2017/03/24)
+4,900円

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

楽天証券は、IPOに力を入れていない
IPO株は100%平等の抽選配分
委託幹事をつとめることがあるので、IPOの穴場の証券会社

楽天証券は、楽天グループ傘下のネット証券です。
取引によっては”楽天ポイント”が貯まることがあります。
楽天証券にはIPOのイメージがないので、穴場となりやすい申込先です。

IPOでおすすめの証券会社

IPOでおすすめの証券会社を一覧にしました。

IPO おすすめ 証券会社
IPOでおすすめの証券会社の一覧IPOでおすすめの証券会社の一覧をまとめました。IPO(新規上場)株に当選するためには、多くの証券会社から申し込む努力が必要です。IPO株に当選する最も効果的な方法は、とにかくIPO案件に申し込むことです。...

関連資料

楽天証券:『公式HP』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています