証券会社

野村證券のIPO当選攻略や抽選ルール

野村證券 IPO 当選
野村證券は、国内最大手の証券会社です。
国内最大手の証券会社なので、IPO(新規上場)の取扱件数が国内トップです。

野村證券は”口座の資金がゼロ円”でも、IPO(新規上場)に当選することができます。
そのため、”当選したと分かってから入金すればOK”です。
事前に入金しなくても当選することができるので、とりあえずIPOには申し込んでおきましょう。

野村證券のIPOで当選するポイント


野村證券は、国内最大手の証券会社です。
国内最大手の証券会社なので、口座数・預り資産総額・主幹事件数などのすべての点において業界トップです。
”IPOの当選ポイント”は、以下の通りです。
当選した後にキャンセルしてもペナルティがないので、とりあえずIPOに申し込んでおきたい証券会社です。

野村證券は、国内トップ主幹事をつとめる証券会社
資金ゼロ円でもIPO(新規上場)株に当選できる
ネット顧客には10%のIPO株配分
当選後のキャンセルにペナルティはなし
ネット顧客には、複数単元の当選はない
顧客数が多いので、ライバルが多い
たまに大きく損するIPOも取り扱うので注意が必要
NISAからIPO(新規上場)に申し込むことができる
未成年口座は、店舗からしかIPOに申込めない
とりあえずIPO(新規上場)を申し込んでおきたい証券会社

野村證券のIPO抽選ルール


野村證券では、2つの取引コースが用意されています。

本支店コース…営業店舗で取引する対面取引
ネット&コール…ネットや電話のみで取引

野村證券のIPOは、以下の通りの配分比率となっています。
IPO株の90%を”対面で取引している顧客”に配分するルールです。
そのため、ネット顧客は”残りの10%”を取り合わないといけません。
ネット顧客を軽視して、対面顧客を重視しています。

本支店コース…配分の90%
ネットコール…配分の10%

本支店コースによる抽選方式

本支店コースによる抽選方式は、配分されるIPO株の90%を占めています。
営業店による裁量配分になっています。
裁量配分でIPO株をもらうには、支店長や担当者に気に入られる必要があります。
普段から営業店で取引しないと、なかなか配分してもらえないかもしれません。

ネット&コールによる抽選方式

ネット&コールによる抽選株は、配分されるIPO株の10%を占めています。
無作為のシステム抽選となっているので、完全な抽選となっています。
ネット顧客のできることは少ないので、IPOに申込んだら後は祈るだけです。

入金タイミング

野村證券では、購入申し込みをおこなう際に購入資金が必要になります。
当選してから購入申し込みをおこなうまでは、購入資金が不要です。
当選が分かってから入金してもOKです。

資金拘束

野村證券では、購入申込をおこなうタイミングで買付資金が拘束されます。
需要申告時や抽選時では拘束されません。
(需要申告⇒抽選⇒購入申込)

IPO申し込み辞退のペナルティ

野村證券では、IPOに当選してからキャンセルしてもOKです。
ペナルティもないので、今後の当選に影響しません。

複数株の当選

野村證券では、複数株の当選は以下の通りです。

本支店コース…複数株の配分”アリ
ネットコール…複数株の配分”ナシ

野村證券では、”ネット&コール顧客”に対して複数株の当選はありません。
複数株の配分がある人は、店舗で取引している顧客だけです。
そのため、ネットで取引している人は”100株申し込めば、それでOK”です。
※申し込んだすべての人に100株行き渡れば、200株当選する可能性はあります。

野村證券のIPO攻略方法

主幹事案件は国内トップ

野村證券のIPOの主幹事件数は、国内トップです。
過去の主幹事案件をみると、超大型の案件から超小型の案件まで幅広く案件を取り揃えています。
キャンセルしてもペナルティがないので、とりあえず申し込んでおきましょう。

野村證券の注意事項

ネット顧客はほとんど当選しない

野村證券では、”ネット&コール顧客”に対する配分は10%しかありません。
配分が10%しかないのに、野村證券の口座数はとにかく多いです。
以下の通り、ライバルの数は圧倒的です。
配分の少ないIPO案件で当選する可能性は非常に低いですね。

下の表の通り、野村證券の口座数は多いです。
もし、野村證券(532万口座)と岡三オンライン証券(20万口座)が同じ引受株数であれば、岡三オンライン証券の方が当選しやすいです。

証券会社名 口座数
野村證券 523万口座(2018年10月末)
※残あり口座数
SBI証券 426万口座(2018年3月末)
※総合口座数
SMBC日興証券 337万口座(2018年9月末)
※総口座数
大和証券 300万口座(2018年10月末)
※残あり口座数
楽天証券 261万口座(2018年3月末)
※総口座数
マネックス証券 180万口座(2018年11月末)
※総口座数
みずほ証券 175万口座(2018年6月末)
※総口座数
カブドットコム証券 111万口座(2018年3月末)
※総口座数
岡三証券 73万口座(2018年3月末)
※総口座数
GMOクリック証券 37万口座(2018年11月末)
※証券取引口座数
岡三オンライン証券 20万口座(2018年11月末)
※総口座数

対面顧客が最優先

野村證券では、”ネット&コール顧客”に対する配分は10%しかありません。
さらに配分も100株だけです。
複数配分はありません。
そのため、野村證券は”対面顧客を最優先している”ようです。

損する案件もある

野村證券は、毎年のように様々な主幹事案件をつとめています。
超大型の案件から超小型の案件まで、幅広いです。
大きく儲かるものもあれば、大きく損するものもあるので注意してください。

例えば、2014年3月に上場したジャパンディスプレイの初値は-14.6%のマイナスパフォーマンスでした。
要注意のIPO案件も年に何件かあるので、キチンと調べてから申し込みをしましょう。

NISA

野村證券では、NISA口座からIPOの申し込みができます

未成年口座

コースによって未成年口座の利用ができません。

本支店コース店舗で未成年口座からIPOを申し込むことができる
ネット&コールネットで未成年口座からIPOを申し込むことができない

ジュニアNISA

野村證券では、コースによってジュニアNISAの利用ができません。

本支店コース店舗でジュニアNISA口座からIPOを申し込むことができる
ネット&コールネットでジュニアNISA口座からIPOを申し込むことができない

野村證券の2017年のIPO主幹事実績

野村證券は、2017年最も主幹事案件を獲得した証券会社です。
主幹事の実績をみると、ダントツですね。
IPO案件をみると、玉石混合の状態です。

企業名
(上場日)
初値で売却した損益
オプティマスグループ
(2017/12/26)
+20,100円
要興業
(2017/12/25)
+20,000円
プレミアグループ
(2017/12/21)
-10,000円
森六HD
(2017/12/20)
+27,500円
ジーニー
(2017/12/18)
+132,400円
アルヒ
(2017/12/14)
-3,000円
マツオカコーポレーション
(2017/12/13)
+120,000円
ポエック
(2017/11/28)
+253,000円 
大阪油化工業
(2017/10/05)
+124,000円
西本Wismettac HD
(2017/09/29)
-28,500円
エスユーエス
(2017/09/13)
+267,000円
UUUM
(2017/08/30)
+465,000円
ユニフォームネクスト
(2017/07/19)
+384,000円
ツナグ・ソリューションズ
(2017/06/30)
+238,500円
Fringe 81
(2017/06/27)
+346,000円
LIXIL ビバ
(2017/04/12)
-10,300円
スシローグローバルHD
(2017/03/30)
-17,000円
オークネット
(2017/03/29)
+20,000円
ズーム
(2017/03/28)
+75,800円
ティーケーピー
(2017/03/27)
+450,000円
オロ
(2017/03/24)
+268,000円
グリーンズ
(2017/03/23)
+10,000円
フルテック
(2017/03/22)
+63,000円
力の源 HD
(2017/03/21)
+163,000円
ジャパンエレベーターサービス
(2017/03/17)
+34,000円
うるる
(2017/03/16)
+33,000円
ロコンド
(2017/03/07)
+77,500円

野村證券の2017年のIPO幹事実績

野村證券は、主幹事の件数は多いですが、幹事の件数は少ないです。
2017年は11社の幹事案件をつとめました。

企業名
(上場日)
初値で売却した損益
オプトラン
(2017/12/20)
+97,600円
SGホールディングス
(2017/12/13)
+28,000円
クックビズ
(2017/11/28)
+303,000円
幸和製作所
(2017/11/28)
+446,000円
Casa
(2017/10/31)
+6,100円
MS & Consulting
(2017/07/20)
-3,000円
ジェイ・エス・ビー
(2017/07/20)
+108,000円
クロスフォー
(2017/07/20)
+32,000円
SYS HD
(2017/06/30)
+297,000円
ディーエムソリューションズ
(2017/06/20)
+460,000円
ウェーブロックHD
(2017/04/10)
-2,900円

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

野村證券は、国内で最も主幹事案件の多い証券会社
資金ゼロ円でもIPO(新規上場)株に当選できる
キャンセルしてもペナルティはなし
とりあえずIPOに申込んでおいた方が良い証券会社

野村證券は、国内最大手の証券会社です。
国内最大手の証券会社なので、IPO(新規上場)の取扱件数が国内トップです。
キャンセルしてもペナルティがないので、ネットで取引している人はとりあえずIPOに申込んでおきましょう。
ちなみに、野村證券では『需要申告』のことを『抽選申込』といいますが、同じ意味です。

IPOでおすすめの証券会社

IPOでおすすめの証券会社を一覧にしました。

IPO おすすめ 証券会社
IPOでおすすめの証券会社の一覧IPOでおすすめの証券会社の一覧をまとめました。IPO(新規上場)株に当選するためには、多くの証券会社から申し込む努力が必要です。IPO株に当選する最も効果的な方法は、とにかくIPO案件に申し込むことです。...

関連資料

野村證券:『公式HP』
野村證券:『決算説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています