証券会社

IPOでおすすめの証券会社の一覧

IPOでおすすめの証券会社の一覧表

IPO おすすめ 証券会社
IPO(新規上場)株に当選するためには、多くの証券会社から申し込む努力が必要です。
かなり面倒ですが、手間をかけた分当選確率は上がるので機械的に申し込むようにしましょう。
1番良いのは、主幹事と幹事に指名されているすべての証券会社で申し込むことです。
現実問題としてはなかなか難しいと思うので、ぜひ今回の記事を参考にして戦略を立ててください。

証券会社 抽選方法
SBI証券 70%…申込数に応じた抽選
30%…チャレンジポイント
野村證券 90%…裁量配分(店頭)
10%…完全抽選配分(ネット)
SMBC日興 90%…裁量配分(店頭)
10%…完全抽選配分(ネット)
マネックス 100%…完全抽選配分
大和証券 80%…裁量配分(店頭)
15%…完全抽選
5%… チャンス抽選
楽天証券 100%…完全抽選配分
ライブスター 100%…完全抽選配分
東海東京 90%…裁量配分(店頭)
10%…完全抽選配分(ネット)
カブドットコム 100%…完全抽選配分
岡三オンライン 90%…ステージ抽選
10%…完全抽選配分
岩井コスモ 90%…裁量配分(店頭)
10%…完全抽選配分(ネット)
松井 70%以上…抽選による配分
30%以下…抽選によらない配分
岡三 90%…裁量配分・ステージ抽選
10%…一定抽選
三菱UFJ 90%…裁量配分(店頭)
10%…完全抽選配分(ネット)
GMOクリック 100%…完全抽選配分

1番良いのは、”主幹事+幹事”に指名されている全ての証券会社でIPOの申し込みをおこなうことです。
現実問題としてはなかなか難しいと思うので、ぜひ下の記事を参考にしてください。

資金量が限られている人は…
①⇒②⇒③⇒④⇒⑤の順番でチェックしてください。
資金量に余裕のある人は…
④⇒①⇒②⇒③⇒⑤の順番でチェックしてください。

①資金ゼロでIPO株に当選できる証券会社

IPO投資の最大のポイントは、できる限り多くの抽選のチャンスを増やすことです。
案件が重なる時期に、抽選用の資金をすべて用意するのは大変です。
資金量に余裕のある投資家は関係ありませんが、資金量に不安のある投資家には朗報ですね。
下記の証券会社では、買付資金を入金しなくてもIPO株に当選することができます。
資金量に余裕のある人もない人も、とりあえずIPOに申し込むようにしましょう。

野村證券
野村證券は、国内最大手の証券会社です。
口座数・預り資産総額・主幹事件数などの点について業界トップです。
当選した後にキャンセルしてもペナルティがないので、とりあえずIPOに申込んでおきましょう。

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券は、岡三ホールディングス傘下のネット証券です。
主幹事をつとめることはありませんが、岡三証券の主幹事案件のIPO株が回ってくることが多いです。
当選した後にキャンセルしてもペナルティがないので、とりあえずIPOに申込んでおきましょう。

ライブスター証券
ライブスター証券は、ISホールディングス傘下のネット証券です。
”手数料が低い”ことは有名ですが、”IPO(新規上場)”に力を入れ始めていることはあまり知られていません。
当選した後にキャンセルしてもペナルティがないので、とりあえずIPOに申込んでおきましょう。

松井証券
松井証券は、ネット専業の証券会社です。
IPOのイメージがない証券会社ですが、幹事案件を安定して獲得しています。
当選した後にキャンセルしてもペナルティがないので、とりあえずIPOに申込んでおきましょう。

いちよし証券

エイチエス証券

むさし証券

②完全抽選を採用している証券会社

資金量に不安のある人は、1人1票の”完全抽選”をうまく活用しましょう。
投資資金が豊富にあれば、様々な抽選方法が用意されています。
しかし、投資資金が少ない人は”公平な抽選で運だめし”をするしかありません。
1人1票の”完全抽選”を採用している以下の4社は、上手に活用しましょう。

マネックス証券
マネックス証券は、大手のネット証券です。
実は、IPO(新規上場)の取扱い件数の多い証券会社として有名です。
100%の完全抽選ですが、口座数(180万口座)が多いのでライバルも多くなります。
※180万口座(2018年11月末)

カブドットコム証券
カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のネット証券です。
三菱UFJモルガンスタンレー証券からIPO株が回ってくることが多いです。
カブドットコム証券は2回申込をおこなう必要があるので、必ず忘れないようにしましょう。
※111万口座(2018年3月末)

GMOクリック証券
GMOクリック証券は、GMOフィナンシャルホールディングスの100%子会社です。
めったにIPO案件をつとめませんが、ライバルが少ないのでチャンスはありますね。
※37万口座(2018年11月末)

ライブスター証券
ライブスター証券は、ISホールディングス傘下のネット証券です。
委託幹事に指名されることがあるので、チェックしておきましょう。

楽天証券
楽天証券は、楽天グループの中核証券会社です。
毎年安定して幹事をつとめている実績がある。
※261万口座(2018年3月末)

③IPOの申し込みで穴場になりそうな証券会社

IPOの申し込みで”穴場”になりそうな証券会社をピックアップしました。
競争相手(ライバル)が少ない方が、IPO当選には有利です。
穴場になりそうな証券会社は、申し込みの際に見落としがちです。
以下の4社の証券会社では、必ず申し込みましょう。

岩井コスモ証券
岩井コスモ証券は主幹事をつとめることはありませんが、幹事証券としては多数の案件を獲得しています。
あまり知られていませんが、多数の幹事案件(2018年:●社、2017年:39社)をつとめています。

ライブスター証券
ライブスター証券は、ISグループの中核証券会社です。
IPOの取扱いを開始したのは2017年なので、まだまだライバルは少ないです。
まだ口座数(ライバル)が少ないうちに、IPOに申し込むようにしましょう。

みずほ証券
みずほ証券は大手証券会社ですが、IPO投資の穴場になると思います。
実は、みずほ証券の口座数は176万3千口座(2018年9月期)しかありません。
野村証券(523万口座※2018年10月末)やSMBC日興証券(337万口座※2018年9月末)、大和証券(300万口座※2018年10月末)と比較するとかなり口座数が少ないです。
大手証券の中でライバルが少ないので、IPO投資では有利ですね。

GMOクリック証券
GMOクリック証券は、GMOフィナンシャルホールディングスの100%子会社です。
あまりIPOのイメージもないので、穴場の証券会社となる可能性があります。
IPOの幹事はめったに引き受けませんが、ライバルが少ないのでチェックしておきましょう。

④SBI証券のIPOに申し込むこと

SBI証券は、国内最大手のネット証券です。
幹事実績は圧倒的で、国内でダントツの幹事件数をつとめています。
”チャレンジポイント”の独自ルールがあります。
IPOには落選することが多いです。
しかしチャレンジポイントを貯めたら、いつかIPOに当選できることになります。

SBI証券のIPOルールは、下の記事でまとめました。
チャレンジポイントをコツコツためて、”イザ”というIPO案件に投入するようにしましょう。

SBI証券 IPO 当選
SBI証券のIPO当選攻略や抽選ルールSBI証券のIPO(新規上場)の当選方法や抽選ルールを記事にしました。SBI証券のIPOになかなか当たらないという人は、この記事をチェックしてください。特徴や注意事項、攻略法をまとめました。...

⑤銀行の傘下の証券会社もおさえておこう

銀行の傘下の証券会社もキチンとおさえておきましょう。
下の3社の証券会社は、大手銀行グループの傘下となっています。
銀行と関係が深いIPO案件の株が回ってくる可能性があるので、必ずチェックしておくようにしましょう。

三菱UFJモルガンスタンレー証券
…三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の証券会社
SMBC日興証券
…三井住友フィナンシャルグループ傘下の証券会社
みずほ証券
…みずほフィナンシャルグループ傘下の証券会社
カブドットコム証券
…三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のネット証券

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

IPOで当選するベストな方法は、すべての証券会社で申し込むこと
資金ゼロで当選できる証券会社からは、必ず毎回申し込みすること
毎回必ずSBI証券のチャレンジポイントをためること
手間が面倒なので、機械的に手続きしよう

今回の記事では、証券会社ごとのIPOルールを解説しました。
IPO株に当選する最も効果的な方法は”とにかくIPO案件に申し込むこと”です。
申し込みは非常に手間ですが、機械的に申し込むようにしましょう。
IPOは事前に割当のある証券会社が分からないので、しっかりと準備するようにしてください。

関連資料

特になし

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています。