証券会社

大和証券のIPO当選攻略や抽選ルール

大和証券 IPO 当選
大和証券は、対面証券では国内2位の証券会社です。
チャンス当選”などの独自ルールがあるため、キチンと把握してIPO(新規上場)に申し込むようにしてください。

大和証券で取引している人は、自分のチャンス回数を把握するようにしましょう。
口座数が多いのでライバルは多いですが、IPO当選のチャンスはある証券会社です。

大和証券のIPOで当選するポイント

大和証券は、対面証券2位の証券会社です。
他の証券会社と比較すると、ネット抽選(20%)の配分比率が高いです。
普段ネットで取引している人にも、IPO株の当選するチャンスのある証券会社です。

大和証券は主幹事件数で、毎年トップ3に入る証券会社
ネット顧客には20%のIPO株配分
当選後のキャンセルにペナルティはなし
ネット顧客には、複数単元の当選はない
NISAからIPO(新規上場)に申し込むことができる

大和証券のIPO抽選ルール


大和証券は、2つの取引コースが用意されています。

コンサルティングコース
…営業店舗で取引する対面取引
ダイレクトコース
…ネットや電話のみで取引

大和証券のIPOは、以下の通りの配分比率となっています。
IPO株の80%を”対面で取引している顧客”に配分しています。
そのため、ネット顧客は”残りの20%”を取り合わないといけません。
ネット顧客に比較的多くIPO株を配分するようですね。

コンサルティングコース…配分の80%
ダイレクトコース…配分の20%

ダイレクトコースの内訳はこちらです。
完全抽選15%
チャンス抽選5%

コンサルティングコースによる抽選方式

コンサルティングコースによる抽選方式は、配分されるIPO株の80%を占めています。
営業店による裁量配分になっています。
裁量配分でIPO株をもらうには、支店長や担当者に気に入られる必要があります。
普段から営業店で取引しないと、なかなか配分してもらえないかもしれません。

ダイレクトコースによる抽選方式

ダイレクトコースによる抽選株は、配分されるIPO株の20%を占めています。
20%の内訳をみると、完全抽選が15%チャンス抽選5%となっています。

チャンス抽選

大和証券では、抽選の配分がなかった顧客を対象とした「チャンス抽選」を実施しています。
チャンス抽選では、自分のチャンス回数に応じて無作為に数字がもらえます。
大和証券で取引している人は、自分の”チャンス抽選の番号”を把握しておきましょう。

チャンス抽選は、下の図の通り「プレミアムサービス」と「ポイントプログラム」を比べて有利な方のチャンス回数が適用となります。
大和証券 IPO チャンス抽選

プレミアムサービスでは、顧客の資産に応じてステージが判定されます。
預かり資産評価額に応じて、ステージが決まります。
SMBC日興証券

ポイントプログラムでは、取引実績に応じて貯まります。
SMBC日興証券

例えば、チャンス回数が”6回”というのは、6個の数字が大和証券から振り分けられます。
その数字をもっている顧客からIPO株がもらえます。

入金タイミング

大和証券では、需要申告(ブックビルディング)時に買付資金が必要です
そのため、口座に入金しておかないとIPOに申し込むことができません。
需要申告(ブックビルディング)時抽選のタイミングで口座に資金が必要です
そのため、需要申告時と抽選の間に出金しても問題はありません。

資金拘束

大和証券では、需要申告(ブックビルディング)時に買付資金が必要です。
しかし、資金が拘束されるわけではありません。
抽選の際に資金が拘束されるので、注意してください。
(需要申告⇒抽選⇒購入申込)

IPO申し込み辞退のペナルティ

大和証券では、IPOに当選してからキャンセルしてもOKです。
ペナルティもないので、今後の当選に影響しません。

複数株の当選

大和証券では、複数株の当選は以下の通りです。

コンサルティングコース…複数株の配分”アリ
ダイレクトコース…複数株の配分”ナシ

大和証券では、”ダイレクトコースの顧客”に対して複数株の当選はありません。
複数株の配分がある人は、店舗で取引している顧客だけです。
そのため、ネットで取引している人は”100株申し込めば、それでOK”です。
※申し込んだすべての人に100株行き渡れば、200株当選する可能性はあります。

大和証券のIPO攻略方法

ネット顧客への配分が20%

大和証券では、ネットでIPOに申し込んだ顧客に20%のIPO株を配分しています。
他の対面証券会社と比較すると、以下の通り良心的な配分となっています。

大和証券(ネット20%、対面80%)
野村證券(ネット10%、対面90%)
SMBC日興証券(ネット10%、対面90%)
みずほ証券(ネット10%、対面90%)
三菱UFJモルガンスタンレー証券(ネット10%、対面90%)

大和証券の注意事項

対面顧客が優先

大和証券では、”ダイレクトコース顧客”に対する配分は20%しかありません。
さらに配分も100株だけで、複数配分はありません。
大和証券は、あくまでも”対面顧客を優先”していますね。

需要申告時に資金が必要

大和証券では、需要申告(ブックビルディング)時に買付資金が必要です。
その時点では、資金が拘束されるわけではありません。
抽選の際に資金が拘束されるので、注意してください。

NISA

大和証券では、NISA口座からIPOの申し込みができます。

未成年口座

大和証券は、未成年口座からIPOの申し込みができます。
未成年は”コンサルティングコース”しか選択できないので、店頭での対応になります。

ジュニアNISA

大和証券は、ジュニアNISA口座からIPOの申し込みができます。
※未成年は”コンサルティングコース”しか選択できない。

大和証券の2017年のIPO主幹事実績

大和証券は、毎年安定して十数件の主幹事案件をつとめています。
2017年は、15社の主幹事を引き受けました。

企業名 初値で売却した損益
ABホテル
(2017/12/25)
+156,000円
オプトラン
(2017/12/20)
+97,600円
エル・ティー・エス
(2017/12/14)
+213,000円
SG HD
(2017/12/13)
+28,000円
カチタス
(2017/12/12)
+2,500円
クックビズ
(2017/11/28)
+303,000円
壽屋
(2017/09/26)
+65,000円
ウォンテッドリー
(2017/09/14)
+401,000円
シェアリングテクノロジー
(2017/08/03)
+139,000円
Game With
(2017/06/30)
+257,000円
旅工房
(2017/04/18)
+238,000円
ユーザーローカル
(2017/03/30)
+956,000円
ファイズ
(2017/03/15)
+276,000円
レノバ
(2017/02/23)
+37,500円
日宣
(2017/02/16)
+140,000円

大和証券の2017年のIPO幹事実績

大和証券は、毎年多くの幹事案件を獲得しています。
2017年は、26件の幹事をつとめました。

企業名 初値で売却した損益
プレミアグループ
(2017/12/21)
-10,000円
歯愛メディカル
(2017/12/18)
+73,000円
すららネット
(2017/12/18)
+230,500円
ジーニー
(2017/12/18)
+132,400円
アルヒ
(2017/12/14)
-3,000円
幸和製作所
(2017/11/28)
+446,000円
サインポスト
(2017/11/21)
+633,000円
Casa
(2017/10/31)
+6,100円
テンポイノベーション
(2017/10/25)
+290,000円
大阪油化工業
(2017/10/05)
+124,000円
ウェルビー
(2017/10/05)
+72,500円
MS & Consulting
(2017/10/05)
-3,000円
テックポイント・インク
(2017/09/29)
+42,200円
PKSHA Technology
(2017/09/22)
+308,000円
UUUM
(2017/08/30)
+465,000円
ユニフォームネクスト
(2017/07/19)
+384,000円
ツナグ・ソリューションズ
(2017/06/30)
+238,500円
LIXIL ビバ
(2017/04/12)
-10,300円
スシローグローバルHD
(2017/03/30)
-17,000円
ティーケーピー
(2017/03/27)
+450,000円
グリーンズ
(2017/03/23)
+10,000円
マクロミル
(2017/03/22)
-8,300円
インターネットインフィニティー
(2017/03/21)
+372,000円
うるる
(2017/03/16)
+33,000円
ロコンド
(2017/03/07)
+77,500円
ユナイテッド&コレクティブ
(2017/02/23)
+288,000円

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

大和証券は、毎年安定して主幹事案件を獲得する証券会社
対面証券会社の中では、IPO株をネット顧客に多く割り振る
キャンセルしてもペナルティはなし
チャンス抽選という独自の仕組みがある

大和証券は、対面証券では国内2位の証券会社です。
”チャンス当選”などの独自ルールがあるため、キチンと把握してIPO(新規上場)に申し込むようにしてください。

IPOでおすすめの証券会社

IPOでおすすめの証券会社を一覧にしました。

IPO おすすめ 証券会社
IPOでおすすめの証券会社の一覧IPOでおすすめの証券会社の一覧をまとめました。IPO(新規上場)株に当選するためには、多くの証券会社から申し込む努力が必要です。IPO株に当選する最も効果的な方法は、とにかくIPO案件に申し込むことです。...

関連資料

大和証券:『公式HP』
大和証券:『決算説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています