IPOとは

バイオベンチャーのIPOは危険!注意しよう!

バイオベンチャー IPO
バイオベンチャー企業IPO(新規上場)は、普通の企業のIPOとはまったく違います。
実はバイオベンチャーのIPO案件は、一般的なIPO案件とくらべて”損する可能性が高い”です。
もし、バイオベンチャーのIPOが発表されたときは、いつもより慎重に判断するようにしてください。

バイオベンチャーのIPOは要注意!

バイオベンチャー IPO
バイオベンチャー企業の最大のリスクは”将来の事業や収益が予測しづらい”ことです。
そのため、普通の企業にくらべて投資のリスクが大きくなります。

バイオベンチャー企業の仕事は、薬をつくることです。
実はひとつの薬をつくるプロジェクト(パイプライン)がスタートして、医薬品として売り出されるまで最低でも10年近くかかります。
さらに、途中で意に沿わない研究データが発見されると、研究をストップしなくてはいけない可能性もあります。
そのため、普通のビジネスにくらべて非常にリスクが高くなります。

さらに、上場するバイオベンチャーは赤字です。
薬をつくるのに多額のお金が必要なので、赤字の状態で上場せざるを得ない状況です。
さらに、上場した後でも赤字が続くのが普通です。
下の図は、日本で上場したバイオベンチャーの赤字期間の一覧です。
ピンク色の網掛けになっている部分が赤字です。
バイオベンチャー 日本
「経済産業省 生物化学産業課」

バイオベンチャーが赤字なのは、日本だけではありません。
下の図は、米国で上場したバイオベンチャーの赤字期間の一覧です。
ピンク色の網掛けになっている部分が赤字です。
米国の方が赤字の金額が大きいですね。
バイオベンチャー 米国
「経済産業省 生物化学産業課」

過去のバイオベンチャーのIPOパフォーマンス

過去のバイオベンチャーのIPOパフォーマンスはこちらです。
2013年はバイオ・ブームだったため、パフォーマンスが非常に良いですね。
銘柄によっては損する可能性があるので、注意しましょう。

企業名
(コード)
上場日
(市場)
利益の金額
(利益の%)
※初値 ※公募
Delta-Fly Pharma
(4598)
2018年
10月12日

(東M)
-385円
(-8.1%)
※4,385円 ※4,770円
ソレイジア・ファーマ
(4597)
2017年
03月24日
(東M)
+49円
(+26.5%)
※234円 ※185円
ヘリオス
(4593)
2015年
06月16日
(東M)
+270円
(+22.5%)
※1,470円 ※1,200円
ブライトパス・バイオ
(4594)
2015年
10月22日
(東M)
-36円
(-8.0%)
※414円 ※450円
サンバイオ
(4592)
2015年
04月08日
(東M)
-290円
(-14.5%)
※1,710円 ※2,000円
リボミック
(4591)
2014年
09月25日
(東M)
-470円
(-20.4%)
※1,830円 ※2,300円
メドレックス
(4586)
2013年
02月13日
(東M)
+1,200円
(+120%)
※2,200円 ※1,000円
オンコリスバイオファーマ
(4588)
2013年
12月06日
(東M)
+900円
(+34.6%)
※3,500円 ※2,600円
ペプチドリーム
(4587)
2013年
06月11日
(東M)
+5,400円
(+216%)
※7,900円 ※2,500円

今回のまとめ

今回の記事はこちらです。

バイオベンチャーIPOは、普通のIPOより損する可能性が高い
バイオベンチャーは、赤字で普通
日本も米国もバイオベンチャーは、赤字で普通
過去のIPO実績をみると、損する案件が多い

バイオベンチャーのIPO案件は、年に数社あります。
普通のIPOとはちがい、バイオベンチャーのIPOはリスクが高いので注意してください。
バイオベンチャーは将来の事業や収益が予測しづらいので、1度株価が下がり始めると大きく損する可能性があります。
もしバイオベンチャーのIPOが発表されたら、ちょっと注意するようにしてください。

関連資料

経済産業省『バイオベンチャーのビジネスモデルと資金調達のあり方』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています。