初値の一覧

2017年に得・損したIPOの紹介

2017年 IPO 損・得
2016年度に”得した”or”損した”IPO銘柄をピックアップしました。
最近は「IPOは儲かる!」ことを認識した投資家が増えてきましたね。
しかし、IPOへの投資はリスクとリターンがあることをキチンと認識するようにしましょう。

2017年IPOのベストパフォーマンスは、こちらの3銘柄です。

1位. トレードワークス(3997)
利益額 114万円(+518.18%)
2位. ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)
利益額 100万8千円(+204.88%)
3位. ユーザーローカル(3984)
利益額 95万6千円(+325.17%)

2017年IPOのワーストパフォーマンスは、こちらの3銘柄です。

1位. 西本 Wismettac HD(9260)
損失額 2万8,500円(-6.0%)
2位. スシローグローバルHD(3563)
損失額 1万7,000円(-4.72%)
3位. LIXIL ビバ(3564)
損失額 1万300円(-5.02%)

2017年のベストパフォーマンスIPO

トレードワークス IPO
2017年度のベストパフォーマンスを記録したIPO案件は、トレードワークス(3997)でした。
下の表のとおり、22万円の投資で136万円儲かったことになります。

上場データはこちらです。

・企業名…トレードワークス(3997)
・上場日…2017年11月29日(水)
・吸収金額…4.83億円(想定価格)
・初値…13,600円(+518.2%)
・公募価格…2,200円
・主幹事…岡三証券

トレードワークス(3997)は、証券システムやFXシステムの開発などを展開しています。
吸収金額5億円未満だったことが好感されて、初値が大きく上昇しました。
しかし、上場後の株価は大きく下落していますね。
トレードワークス 株価 IPO
(トレードワークスの株価チャート)
※期間は2017年11月~2018年12月

トレードワークス(3997)は、上場後の初値で大きく上昇しました。
しかし、上場後に株価は急落していますね。

2017年のワーストパフォーマンスIPO

西本Wismettac IPO
2017年度のワーストパフォーマンスを記録したIPO案件は、西本Wismettac(9260)でした。
下の表のとおり、47万5千円の投資で2万8,500円儲かったことになります。

上場データはこちらです。

・企業名…西本Wismettac(9260)
・上場日…2017年09月29日(金)
・吸収金額…223億円(想定価格)
・初値…4,465円(-6.0%)
・公募価格…4,750円
・主幹事…野村證券

西本Wismettac(9260)は、海外で日本食やアジア食品の卸売販売をおこなっている企業です。
吸収金額が202億円と大きく、事業内容もIPO向きではなかったためパフォーマンスが悪かったようですね。
西本Wismettac IPO 株価
(西本Wismettacの株価チャート)
※期間は2017年9月~2018年12月

西本Wismettacの上場後の初値は公募価格を割り込みました。
しかし、その後株価は急上昇しています。

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

初値の大きく上昇したIPO銘柄は、初値で売った方が良い
初値が割れても内容が良ければ、その後株価が上昇する
IPOは、リターンに比べてリスクが低い

2017年のIPOのベスト・ワーストパフォーマンスはこちらです。
・トレードワークス(3997)
+114万円(+518.18%)
・西本 Wismettac HD(9260)
-2万8,500円(-6.0%)

2017年は、全体的にIPOパフォーマンスの良い年でした。
初値パフォーマンスの良いIPO銘柄は、初値で売却した方が良さそうですね。

IPOに投資する際は、『IPOでも損することはある!』という認識をもつ必要があります。
ただIPOは、リターンに比べてリスクが低い投資法ですね。
積極的に申し込むようにしましょう。

関連資料

特になし

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています。