初値の一覧

2016年に得・損したIPOの紹介

2016年 IPO 得・損
2016年度に”得した”or”損したIPO銘柄をピックアップしました。
最近は「IPOは儲かる!」ことを認識した投資家が増えてきましたね。
しかし、IPOへの投資はリスクとリターンがあることをキチンと認識するようにしましょう。

2016年IPOのベストパフォーマンスは、こちらの3銘柄です。

1位. グローバルウェイ(3936)
利益額 110万4千円(+373.0%)
2位. アトラエ(6194)
利益額 73万2千円(+135.6%)
3位. イノベーション(3970)
利益額 59万3千円(+214.1%)

2016年IPOのワーストパフォーマンスは、こちらの3銘柄です。

1位. ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)
損失額 -5万2千円(-17.3%)
2位. アイドマママーケティングコミュニケーション(9466)
損失額 -2万1千円(-14.6%)
3位. アカツキ(3932)
損失額 -1万5千5百円(-8.0%)

2016年のベストパフォーマンスIPO

グローバルウェイ IPO
2016年度のベストパフォーマンスを記録したIPO案件は、グローバルウェイ(3936)でした。
下の表のとおり、29万6千円の投資で110万円儲かったことになります。

上場データはこちらです。

・企業名…グローバルウェイ(3936)
・上場日…2016年04月19日(火)
・吸収金額…4.4億円
・初値…14,000円(+373.0%)
・公募価格…2,960円
・主幹事…大和証券

グローバルウェイ(3936)は、転職サイト”キャリコネ”や”転職エージェント”を運営している企業です。
吸収金額が小さかったことと、成長性への期待が高かったので初値は大きく上昇しました。
しかし、上場後の株価は大きく下落しています。
下の図の通り、株価は右肩下がりで推移していますね。
グローバルウェイ IPO 株価
(グローバルウェイの株価チャート)
※期間は2016年4月~2018年12月

グローバルウェイ(3936)は、上場後の初値で大きく上昇しました。
しかし、その後は急落しています。
決算が赤字に転落したこともあり、株価の下落が止まりませんでした。
初値で大きく儲かったIPO銘柄は、すぐに売った方が良いようですね。

2016年のワーストパフォーマンスIPO

ユー・エム・シー・エレクトロニクス IPO
2016年度のワーストパフォーマンスを記録したIPO案件は、ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)でした。
下の表のとおり、24万8千円の投資で5万2千円損したことになります。

上場データはこちらです。

・企業名…ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)
・上場日…2016年03月15日(火)
・吸収金額…71億円
・初値…2,480円(-17.3%)
・公募価格…3,000円
・主幹事…みずほ証券

ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)は、EMS(電子機器受託製造サービス)を事業にしている企業です。
吸収金額が大きかったことと、”EMS”という事業内容がIPOパフォーマンスの足を引っ張ったようですね。
しかし、上場後の株価は大きく上昇しています。
ユー・エム・シー・エレクロニクス IPO 株価
(ユー・エム・シー・エレクトロニクスの株価チャート)
※期間は2016年4月~2018年12月

ユー・エム・シー・エレクトロニクスの上場後の初値は公募価格を割り込みました。
しかし、その後株価は急上昇しています。
上場後に発表した決算内容が良かったので、株価にはプラスにはたらきました。
初値が公募価格を割ったからといって、過度に悲観的になる必要はありませんね。

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

IPOパフォーマンスは、銘柄の”善し悪し”に関係ない
初値の大きく上昇したIPO銘柄は、初値で売った方が良い
初値が割れたからといって悲観することはない
IPOは、リターンに比べてリスクが低い

2016年のIPOのベスト・ワーストパフォーマンスはこちらです。
・グローバルウェイ(3936)
+110万4千円(+373.0%)
・ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)
-5万2千円(-17.3%)

グローバルウェイとユー・エム・シー・エレクトロニクスの上場後の株価の推移が対照的なのは、興味深いですね。
あまり初値が公募価格を割れても悲観することはないかもしれません。

IPOに投資する際は、『IPOでも損することはある!』という認識をもつ必要があります。
ただIPOは、リターンに比べてリスクが低い投資法ですね。
積極的に申し込むようにしましょう。

関連資料

特になし

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、IPO(新規上場)についての情報を提供しています。